ニュース

九電、再エネ出力制御を実施 2カ月ぶり

九州電力は3日、2か月ぶり9回目の出力制御を実施しました。最大制御量は35万キロワットで、同日朝時点に想定していた最大制御量63万キロワットを大きく下回り、風力発電での実施は見送りました。

 

3日朝時点の想定より最大制御量が少なかったのは、需要が増加したことなどが理由です。

Pick-Upピックアップ