事例

愛知県 N株式会社様 22kw

企業名
愛知県 N株式会社様
事業内容
卸売業
設備内容
・屋根上設置 22kw 全量売電
・太陽光発電モジュール JINKO 260w x 119枚
・パワーコンディショナー オムロン 5.5kw x 4台
・O&M契約あり
EPC業者(設計・調達・施工)
ユニバーサルエコロジー株式会社
O&M業者
ユニバーサルエコロジー株式会社(竣工より)
売電開始
2012年8月末

設備概要

社屋およびストックヤード屋根上に設置してある、小規模の低圧太陽光発電設備である。

太陽光発電モジュールは、近接する2つの建物に設置されている。パワーコンディショナーはストックヤード壁面に設置してあり、地上からアクセスできる。

 

 

竣工時にO&M契約も締結され、以降定期点検を行っている。太陽光発電設備は規模にかかわらず、O&M契約は義務化されており、また設備の性格上、保守点検は必須である。

 

保守契約にかかる費用は「売電利益を喰ってしまう」ものではない。想定利益を維持していくための「必要なコストである」という認識で、適切な内容・適切な価格のO&M契約を結ぶことがなによりも「発電事業者の利益を守る」ことになるのである。

 

O&M契約の価格については、年間の報告書を確認し「内容に対して高すぎないか」また逆に「内容に対して安すぎないか」をチェックすることもポイントとなる。

 

内容に対して安すぎる価格の契約の場合、各測定値をチェックし、時には事業者が点検時に立ち会うことで「なんちゃって点検(手抜き点検)」を防ぐことができる。

 

*適正な価格で高品質なO&M契約を提供している業者がほとんどです。「なかには」こういった不誠実なO&M業者がいるので注意しましょう、と申し添えておきます。

Pick-Upピックアップ